鹿児島県建築士会販売取り扱い書籍について

R4販売図書紹介のサムネイル

※新日本法規出版➡建築士会会員価格を復活致しました!

購入を希望される方は本部事務局(電話099-222-2005)までご連絡下さい。
一部書籍は出版社からの取り寄せとなります。その際は通常ご注文からお届けまで1~2週間程度お時間をいただきます。
お送りする場合、送料はお客様ご負担となります。ご了承ください。
ただし、本部事務局窓口に直接お越しいただける場合は送料は頂きません。

建築士がマンションの未来を変える大規模修繕《修繕の心得》
 定価3,300円  会員価格2,970円
最新の修繕・再生・設備・耐震・省エネ・法律等情報と技術が満載!!~建築士が『マンション』の未来を変える大規模修繕~《修繕の心得》
国土交通省の推計では、令和2年末の全国の分譲マンションストック戸数は約675万戸、居住人口は約1573万人である。都市部では住宅ストックの20~30%を占めています。
このうち第1回目の大規模修繕工事を迎える築12年以上のマンションが約562万戸、設備の老朽化が始まる築20年以上のマンションが約386万戸、1981年(昭和56年)以前の旧耐震基準で構造計算されたマンションが約103万戸も存在し、高経年マンションの改修や再生は国の住宅施策の中でも重点が置かれています。
大規模修繕工事は、管理会社が施工(受注)しているが、客観性が乏しいという意見もあり、そこで求められているのは第三者的な立場で大規模修繕工事をサポートすることができる建築士です。この機会に是非、マンション大規模修繕の実務にお役立てください。

★四会連合協定 マンション修繕設計・監理等業務委託契約書類の新規発行について
 定価1,320円  会員価格 990円

内容についてはこちらをご覧ください↓↓↓↓↓

四会連合協定マンション修繕設計・監理等業務委託契約書類の内容についてのサムネイル

★「建築士法による重要事項説明のポイント」(第4版)改訂版

重要事項説明のサムネイル

《改訂内容》
1)令和3年9月1日施行の建築士法等の改正に対応法改正された部分の修正、法改正の内容を追記、新旧対照表の掲載
2)ITによる重要事項説明への対応
ITによる重要事項説明の内容を追記、ITによる重要事項説明の実施マニュアルを掲載
3)四会推奨「重要事項説明書様式」の改訂
押印、書面に係る制度が見直されたことをうけ、四会推奨「重要事項説明書様式」の説明をした建築士、説明を受けた建築主の押印欄を削除。
【新旧対照表】↓↓↓

重要事項説明のポイント新旧対照表_のサムネイル

※「建築行政実務必携(2008年版)」は令和2年8月5日をもちまして取り扱いを終了致しました。
詳しくは鹿児島県土木部建築課計画指導係(099-286-3710)へお問合せください。
鹿児島県ホームページ
https://www.pref.kagoshima.jp/ah12/jitsumuhikkei.html

※「鹿児島市確認申請の手引き」は平成29年3月末日をもちまして取り扱いを終了しました。
鹿児島市ホームページ
http://www.city.kagoshima.lg.jp/machizukuri/kaihatsu/kenchiku/index.htmlhttp://www.city.kagoshima.lg.jp/index.html
ホーム > 環境・まちづくり > 建築 > 建築関連 > 確認申請等の手続き > 鹿児島市確認申請の手引き…をご覧ください
※ビックバン発行の書籍「建築士事務所業務台帳」の取り扱いは終了しました